アニマル要素が入っているバッグ選び

バッグにはさまざまな素材が使われていて、そのデザインも豊富です。

アニマル要素が含まれているデザインもありますが、モチーフとしてイラストが描かれているものとなると子供さんにも愛着を持って使ってもらえることになります。しかし、大人の女性になると幼稚に感じられてしまったり、子供さんのものを借りて使用している風にも見えてしまいます。けれども、特徴的な動物の柄や本物の動物の毛を使ったものとなると、違和感なく持つことができます。

動物の中でも、シマウマやトラ、ヒョウやキリンなどの動物には特徴的な柄があります。その柄をアニマル柄のデザインとして用いられたものになると、ワイルドなイメージにもネイチャーなイメージにも見せることができます。さらに、本物の動物の毛を素材として使っていれば、高級品となってシンプルで小ぶりなバッグでも見栄えも上質になります。アニマル素材のバッグでは、ミンクやうさぎなどの小動物から、ヌートリアやきつねなどもあります。

これらの動物は保温性の高い毛皮が使われることになり、冬のファッションアイテムとしてぴったりです。毛皮では暑いように感じられる季節であれば、革の裏側を使ったスエードとなると、秋でも違和感がありません。しかし、春夏というとこれらの素材は季節外れのように思われてしまいます。ワニや蛇などの爬虫類となると、動物の革であってもシーズン問わずに利用ができます。ワイルドなイメージが出て、大人の女性を演出できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *