太陽光発電の仕組みについて

環境に良い再生可能エネルギーの一つが太陽光発電です。家庭の屋根などに設置するほか、企業が投資などすることも多くなりました。一般的な発電方法は太陽光ですが、実は太陽熱発電というものも存在します。しかし普及しているのは太陽光発電であります。

この太陽光発電は半導体を使用したものです。半導体は生活ではなくてはならないものになっています。身近なスマートフォンやパソコンなどの電子機器には半導体は欠かせません。そんな半導体を使用して発電する方法なのです。

太陽光発電に用いるソーラーパネルは、複数の半導体を組み合わせた板状になっているのです。しかし、なぜ光にて電気が作り出せるのか疑問になるところです。考えやすい例はLEDです。省電力長寿命にて知られているLED発光ダイオードは半導体を使用した照明です。

最近では照明の省エネルギー化に大きく貢献している素晴らしいものです。LEDは電気から光を作り出しますが、ソーラーパネルは光を受けて電気を作り出すのです。ですからソーラーパネルにて光を放つということもできなくはないといえます。しかし効率が悪いのは当然ですし、製品化している物には電気が逆流しないようになっています。

スマートフォンやパソコンなどの電子機器からもわかるように半導体は熱に弱いという欠点を持っています。ですから、ついつい夏のほうが発電しそうですが、五月ぐらいのほうが効率良いといわれているのです。つまりソーラーパネルは電子機器と同じ半導体と理解しておくとよいでしょう。窓の視線対策のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です